VMware Player利用に伴うIntel VT-xの有効化

勉強用と検証用でノートパソコンに VMware Workstation 15 Player

を入れて使おうと 思って、下記のエラーが出て、VMを起動できません。

「このホストはIntel VT-x に対応していますが、Inter VT-xは無効になっています。」

Intel VT-xは仮想化支援技術で、私のノートパソコン(Lenovo V730)

のデフォルト設定は無効となっていますので、これを有効化にしましょう。

下記の手順で行います。

windowsの設定を開きます。
更新とセキュリティを開きます。
回復を選択し、「今すぐ再起動」をクリックします。
トラブルシューティングを選択し、Enterを押します。(画像が粗くてすみません。)
詳細オプションを選択し、Enterを押します。
UEFI ファームウェアの設定を選択し、Enterを押します。
再起動を選択し、Enterを押します。
BIOSが表示されますので、「Configuration」の「Intel Virtual Technology」を選択し、Enterを押します。
※デフォルトはDisabledとなっています。
Enabledを選択し、Enterを押します。
「Exit」の「Exit Saving Changes」の「Yes」を選択し、Enterを押します。
※BIOSの設定を保存して終了します。

以上の設定でIntel VT-xが有効になり、

VMware Playerは正常にインストールができます。

早速試してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です