ネットワーク基礎-第1回

ネットワークエンジニアのブログとして

ネットワークにについてあまり書いていませんでした。いけませんね。

なので、書きましょう。

今回は LANケーブルについて少し自分が理解をしている

内容を書いてみたいと思います。

LANとはローカル エリア ネットワークのことです。

LANケーブルとは ローカル アリア ネットワーク内の

機器を相互接続するケーブルのことです。

自分が理解しているポイントとしては

・LANケーブルの尖端コネクタはRJ45とも言う

・1Gbpsの通信速度を出したいなら、CAT5e以上が必要

・接続相手によって使用ケーブルが異なり、クロスとストレート

・CAT5eなどの伝送距離は100mまでとなる

・LANケーブルには単線(固い)とより線(柔らかい)があり

・LANケーブルには4芯と8芯があり

・一般的に使用されているLANケーブルはUTPとも言う

・STPというケーブルもあるが、普及されていない

・工具があれば、簡単に自作は可能

とりあえず、自分が理解している内容を書いてみました。

次回は各ポイントについて詳細を書いてみたいと思います。

PS:花粉症でくしゃみと涙が止まらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です