リモートデスクトップサービス(RDS)のユーザープロファイルディスク(UPD)を削除する

Windows Server のリモートデスクトップサービス(RDS)を導入しております。

たまに個別ユーザーに不具合や動作異常が発生しています。

原因は不明ですが(多分RDSとの相性の問題)、該当ユーザーのプロファイルディスクを削除すれば、ほとんど改善されます。

ユーザープロファイルディスクの削除手順を書く前に、サーバ環境情報を記載いたします。

◆サーバ:Windows Server 2012 R2

◆接続ブローカー兼Webアクセスは1台

◆セッションホストは1台

◆ユーザープロファイルディスクを保存するサーバは1台(Dドライブの配下)

ユーザープロファイルディスクの削除手順は下記の通りです。

1.削除したいユーザー(今回はtest01を使用)でRDSへログインし、コマンドプロンプトを起動します。
2.whoami /all を入力し、Enterを押します。
3.SIDという内容が表示されます。赤枠の中の内容「S-1-5-21-3~~~9999」をメモに取っておいてください。ユーザーをサインオフします。
4.ユーザープロファイルディスクを保存するサーバにログインし、ユーザープロファイルディスクが保存されているフォルダを開きます。
5.検索欄に手順3でメモした内容を入力します。例:UVHD-「メモした内容」
6.検索結果が出てたら、1つのユーザープロファイルディスクが表示されるはずです。削除の前に念のため、確認を行います。右クリックし、プロパティをクリックします。
7.セキュリティの中に削除したいユーザーが入っていれば、OKです。
9.最後に対象ユーザープロファイルディスクを削除します。

以上です。

PS:土曜日に分譲地の見学をしに行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です