VMware Horizon View エージェントに到達できませんの対処法

VMware Horizon Viewを運用しており、偶にエージェントに到達できませんの状態になります。色々調べて対処してみましたが、ダメでした。
最近、対処法を知り、実際にやってみましたら、一発で解決しました。
情報共有をさせていただきます。

エージェントに到達できませんというエラーの発生理由の一つとして
サーバと接続する仮想デスクトップのエージェント識別キーペアが変更された時(例えば、View Agent入れ直しとか)、 エージェントに到達できませんというエラーが発生し、仮想デスクトップに接続できません。
キーペアがリセットすれば、サーバとの接続ができるようになるとのことです。

本対処法について、プール内の特定仮想デスクトップのみステータスは「エージェントに到達できません」、他のデスクトップは正常状態で使用可能であることを前提とします。ちなみに全仮想デスクトップのステータス状態はエージェントに到達できませんという状態なら、View Horizon View全体的に問題があると思われます。

例を挙げますと、KMS認証が正常にできていない、ドメイン信頼関係ができていない、必要な通信が通っていないなど考えられます。

本題に戻ります。実際の対処法は下記の通りです。

■コネクションサーバのコマンドプロンプト(管理者)で下記のコマンドを実施します。

vdmadmin -A -d [#######] -m [%%%%%%%] -resetkey

[#######]はプール名です。
[%%%%%%%]は仮想デスクトップ名です。

■参考サイト(感謝感謝)

→参考情報①

→参考情報②

以上です。

PS:新築建売を購入しました。住宅ローン完済予定年は令和36年です。ヤバいっすね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です