Webユーザー情報が保存されない

【はじめ】

新規導入端末(Windows 10 1809)にて変な現象が発生していました。
リモートデスクトップサービス(RDS)を利用しており、今まで一回ログインすれば、次回以降ログインユーザー情報及びセキュリティ選択が記憶され、入力する必要がなかったですが、新しい端末導入後、IEを閉じると、ユーザー情報が消えてしまい、都度ユーザー情報の入力とセキュリティの選択をおこなう必要がありました。

インターネットで色々情報を収集しましたが、大抵Internet Explorerのインターネットオプションの「オートコンプリート」の設定変更の内容でした。もちろんオートコンプリートの設定を実施してみても解決しませんでした。

色々探ってInternet Explorerキャッシュのフォルダを確認してみたら、何も入っていませんでした。「キャッシュ」や「cookie」などのキーワードで検索してみたら、解決策を見つけました。

【対処方法】

→Microsfotサイト

上記のサイトに対処方法が公開されております。
環境によって対処方法が異なるので詳細についてはMicrosoftサイトをご確認ください。
私の場合、端末はすでに展開済みで、グループポリシーで端末に対して対処用スクリプトを配布し、解決しました。

【事象】

私が確認した事象を記載させていただきます。

1.Webのユーザー情報が記憶されない。IEを閉じてしまうと、情報が消えてしまいます。
2.IEのキャッシュフォルダにファイルが入っていない。
場所: C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows\INetCache\IE
INetCacheは隠しフォルダなので、隠しファイル表示を有効にし、さらに「オプション」→「表示タブ」→「保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない(推奨 )」のチェックを外す。

以上です。

PS:年末ジャンボが当たりま~~~せんでした。残業で稼ぐしかない。